オーディオブック活用方法

【3日坊主必見】オーディオブックのメリット【紙の本との使い分け術も紹介】

こんな悩みありませんか?

  • 読書したいのに忙しくて出来ない。。。
  • 買ったのに読んでない本や電子書籍の山で自己嫌悪。。。
  • そもそも活字が苦手。。。

こんな悩みを解決します。

結論:オーディオブックは、読書がなかなか続かない方にオススメのサービスです。

 

 

 

読書習慣が続かない理由は様々かと思いますが、少なからず読書習慣をあきらめたくない、現状を改善したいと思っているのではないでしょうか。

 

 

 

衝撃!年収3000万円、高給取りの「読書量」は一般会社員の38倍こちらの記事でも統計データが出ていますが、読書量が多いほど年収も高い傾向です。

 

 

たかが読書。されど読書なのです。

 

読書習慣を継続させるためのコツは「読書のハードル」を下げること。

 

読書は、実行するために「場所」「目」「手」の確保が必要で、それが読書ハードルを上げていた原因なのです。そのハードルを下げるためにオーディオブック が最適な手段なのです。

 

この記事では上記のことを深堀りしつつ、オーディオブックの一歩を踏み出せない、過去の自分のような方に向けて、「オーディオブックのメリット・デメリット」「紙の本や電子書籍との使い分け」というテーマで解説します。
ユウノオト

 

この記事を読むことで、オーディオブックの素晴らしさを知り、耳で聴く読書という新たな読書スタイルを始めてみましょう。

 

オーディオブックのおすすめサービス比較

 

緑色のボタン

オーディオブックは読書ハードルを低く出来る

オーディオブックとは、耳で聴く読書サービスです。

読書といえば紙の本でも、電子書籍でも”目”で読むことが当たり前。しかしオーディオブックは耳で聴く読書」なのです。

オーディオブックの効果・メリットは後ほど詳しくお伝えしますが、一番の大きな特徴は”ながら読書”」ができること。

「紙の本」や「電子書籍」の場合、

  • 「腰を据える場所
  • 「読むための
  • 「本を支え、ページをめくるための

の確保が必要です。ですが実際、「場所」と「目」と「両手」 それぞれ3つの確保ができるタイミングって少ないんですよね。

例えば、仕事しながら読書、運転しながら読書、運動しながら読書、家事しながら読書、シャワー浴びながら読書って出来ないですよね?

そのため、わざわざ1日の中で「読書のための時間」を捻出しないといけない。それが冒頭でも言った、「読書のハードルが高い理由」です。

ただ、オーディオブックであればそんな”ながら読書”ができちゃうのです。なぜならば耳だけが空いていればいい。

読書できる空間を用意したり、目で追うことも、手で支えたり、ページをめくる必要がないから。まるで「ラジオ」や「BGM」のように、色んなことをやりながら、”耳で”本の内容を聴くことができるのです。

この”ながら聴き”がオーディオブックの大きな特徴だと思います。 このハードルの低さのおかげで私は、朝ご飯食べながらとか、電車の中とか、仕事のメールを打ちながら、ジムで体を鍛えながらとかの”ながら時間”でトータル2〜3時間ほど読書時間の確保に成功しています。
ユウノオト

オーディオブック のデメリット・メリットを解説

デメリット

まずはオーディオブックのデメリット・弱点を解説していきます。

大きくは以下3点です。

デメリット

  • ラインナップが少ない
  • 図表やイラストが多い本は不向き
  • ななめ読みやパラパラ読みができない

・ラインナップが少ない

紙の本はもちろん電子書籍に比べて、圧倒的にラインナップが少ないです

プロのナレーターが朗読するという手間もかかっています。またオーディオブック化するのにも、著作権の壁があり「欧米」や「中国」に比べても日本はオーディオブック化の課題が比較的に多いのです。

そのため最新刊が、書店と同時にリリースも基本的になし。そのため最新刊を早く読みたい場合は、書店や電子書籍で探すのがおすすめです。

紙の本や電子書籍との使い分けは後述しますが、最新刊はKindleで購入しています。

ただ、最新刊だと本として外れをひく場合もありますよね。 その点、オーディオブックはベストセラー本が多いので買って、「外れだなこの本」と思ったことはないです。
ユウノオト

・図表やイラストが多い本は不向き

オーディオブックは「耳で聴く読書」なので、「目」を使うグラフや図表、写真・イラストには相性が良くないです。

そのため図解データが多そうな本は避けています。ただ最近では、添付資料として本に掲載している図解資料をアップロードしてくれていることが多いです。

とはいえ耳で聴いている最中に、該当する図解がパッとリアルタイムに出てくるわけではない。そのため手動で、添付資料から該当の図表を探さないとなので少し手間です

いずれVRの世界とかが発展すれば、耳で聴きながら図解の部分だけ目の前に表現されるみたいなSF的なことを期待しています。
ユウノオト

・斜め読み・パラパラ読みができない

速読のために、パラパラと読んでいくような「斜め読み」や「スキミング」はできません。

耳が主体の読書なので、「パッと見で全体感を掴む」とか、「自分の読みたいとこだけ読む」のは難しいです。

また「スキップ」や「早送り」などの操作もできる場合が多いです。しかし映像もないので、録画した番組の「CM」を飛ばすような操作性はないです。

私は基本的にスキップはしません。

ですが、「2倍速」や「3倍速」で内容を聴くことができるので、そこで時短や速読を図っています。

メリット

続いてオーディオブックのメリット・強みを解説していきます。

大きくは以下5点です。

メリット

  • 時間の有効活用ができる
  • 記憶に定着しやすい
  • 本を買うよりも安い場合が割とある
  • 分厚い本でも完読できる
  • 荷物にならずミニマリスト化

・時間の有効活用ができる

冒頭でもお話ししましたが、時間の有効活用がオーディオブックの最大の特徴でありメリットだと思います。

  • 仕事しながらオーディオブック
  • 運転しながらオーディオブック
  • 運動しながらオーディオブック
  • 家事しながらオーディオブック
  • シャワー浴びながらオーディオブック

上記のように、別のことやりながらオーディオブックで本を読むことが可能なのです。

紙の本や電子書籍では出来ません。なぜなら「目」や「手」が塞がっているから。オーディオブックの場合は、耳が空いていれば読書が可能です。

ある意味、自分の使える時間が2倍に増えると同義なのではと思っています。

これまで運動だけやっていた時間に、読書もできる
これまで家事だけやっていた時間に、読書もできる
これまで仕事だけやっていた時間に、読書もできる

これは、生産性が2倍に上がったということですよね。

私も、オーディオブックを始めてから知識をインプットするための時間が圧倒的に増えました。めんどくさがりで、生産性やコスパを常に意識してしまう私にとっては、この”ながら読書”の実現は画期的です!!
ユウノオト

・繰り返し聞くことで、記憶に定着しやすい

「紙の本」や「電子書籍」だと同じ本を繰り返し読むことってあまりしませんよね?

それは冒頭でもお伝えした「読書のもつハードルの高さ」によるものです。同じ本を読むために、「目」と「手」、「場所」を再び確保するのは想像以上に大変。

その本が余程好きじゃないと、別の時間に使いたいもの。「動画サービス」見たいとか、「仕事」に専念したい、もしくは「新しい本」を読みたい。ですよね。

ただ、良書であればあるほど内容自体が深いので、繰り返し読んで隅々まで理解すべきなんです

その点、オーディオブックならスマホ操作一つで、耳だけで聞き流しできるのでハードルが低いんです。

そもそも人間は忘れる生き物です。有名なエビングハウスの法則によると、人間は下記のように忘れる。

  • 20分後には42%忘れる
  • 1時間後には56%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる
  • 1日後には67%忘れる
  • 2日後には72%忘れる
  • 6日後には75%忘れる
  • 31日後には79%忘れる

つまり、1ヶ月後には約8割のことは忘れているようです。

せっかく本を購入したのに、読むだけで満足してしまい何も身についていない。ノウハウコレクターな私にとっても耳が痛い話です。

ただ、人間は繰り返し復習することで記憶に定着し習慣化する。

参考記事 エビングハウスの忘却曲線

https://uwaterloo.ca/campus-wellness/curve-forgetting

つまり上記記事をまとめると

学習後24時間以内に10分間の復習をすると、記憶率は100%に戻る。
次回の復習は1週間以内に、5分復習すれば記憶が復活。
そして1か月以内に2~4分復習すれば、記憶に定着。

車の運転や自転車など、一度集中して繰り返すと体が覚えていますよね? オーディオブックにおいても同じことが言えます。何度も同じ本を聞くことで、脳に知識やノウハウが定着します。 耳で聞き流すだけでOKなオーディオブックを活用することで、内容を忘れずに、記憶や知識に定着することが可能なのです。覚えた内容をプレゼンでスラスラ話せたりもしますので仕事でも非常に役立ちます
ユウノオト

・本を買うよりも、安い場合も多い

オーディオブックって値段が高い印象をお持ちの方が多いと思います。確かに、単品購入だと紙の2倍くらいすることも。

ただ青空朗読のように、無料で聴けるオーディオブックもありますし、企業が運営するオーディオブックでもお得なサービスが存在。

例えば国内大手のオーディオブック.jpでは月額750円で、オーディオブック聴き放題。サブスクですから10冊読んでも100冊読んでも追加課金なし。

一冊あたりで換算したら1日25円で本が読み放題で、とてつもないコスパです。ラインナップも1万冊以上ありますから選択肢も豊富。

また世界最大手のアマゾンでもお得なサービスがあります。アマゾンAudibleというサービスです。

月額1500円で好きな本を1冊選んで買えます。

オーディオブック.jpのように、何冊でも聴き放題ではないのですが1500円で好きな本を選べます。オーディオブック.jpよりもラインナップが多くベストセラーも大変多いです。

また月額1500円なのに、1500円以上の本でも貰えます。5000円以上する本も1500円で買えちゃう、とてもお得なサービスです

私はオーディオブックjpもオーディブル も登録中です。今ならどちらも1ヶ月無料体験があるので、ぜひ試してみてください。
ユウノオト

詳細リンク

・分厚い本でも完読できる

何かを勉強をする際に、辞書みたいに分厚い本を読まざるをえない時ありますよね。

悩めるナヤコ
「よし、読むぞ」と意気込んでクリックして買ったものの、実際に読むときには「分厚い本」を見ただけでやる気が萎えて読むの辞めてしまう。そんなことって意外とあると思うんです。

美味しそうで頼んだけど、実際に手元にきた「大盛りすぎるご飯」を見て、それだけでお腹いっぱいになってしまうとか、、、

人間は視覚による影響をかなり受けると思うんです。

しかしオーディオブックであれば、どんなに分厚い本でも「パッと見」でそれがわかりません。厳密にはオーディオブックの再生時間でこの本は結構ボリューミーそう。とかわかりますが、倍速再生で早く読み終えることが可能です

通常のビジネス本や小説だと、大体4時間くらいオーディオブック完読にかかります。ですが倍速にすれば1〜2時間で完読出来てしまいます。

私は、毎日「夜寝る前」の1時間に3倍速で聞いているのですが、そうすると大体1日から2日で読み終えます。そうすると、1時間×2回を「ラジオ」や「BGM」みたいに聞き流せばいいや、と気楽な気持ちでのぞめるんです。

・荷物にならずミニマリスト化

「外出時の荷物」も、「部屋の荷物」もオーディオブックなら減らせます。

家で集中できないから、本を読むためにカフェに行く。ただ分厚い本を持っていくのって面倒とか、面倒で結局本を持っていかないとかになりませんか?

オーディオブックならいつも持ち歩いている「スマホ」と「イヤホン」があればどんな空間でも読書できちゃいます。私はちょっとした待ち時間があればすぐオーディオブックを聞いています

また部屋の本棚スペースも不要になります。なぜならスマホにオーディオブックが入っているから。

私はミニマリストなので、部屋にはあまりモノを置きたくありません。本棚があると圧迫感があったり、部屋のスペースもとります。

オーディオブックなら、全て中身はスマホの中にあります。その分、部屋のスペースを有効活用できて、広々使えたり別の家電や家具を置けますよ。本棚に本が多くて困っている方などは、オーディオブック化してみましょう。
ユウノオト

メンタリスト「DaiGo」オススメのオーディオブック活用方法

DaiGoさんは、メンタリスト作家、YouTuber、ニコニコ動画配信者として活躍の幅を広げております。

現在YouTubeのチャンネル登録者数246万人の大人気インフルエンサー(※2021年7月現在)です。私自身、DaiGoさんの「歯に衣着せぬ発言」や「ストイックな姿勢」「科学的根拠が多くとてもロジカル」なところが大好きで有料会員の「Dラボ」にも入っています。Dラボへのリンクはこちら

無料で聴けるYouTubeの内容ももちろん有益です。また月額599円から使用できるサブスク動画配信サービスは、めちゃくちゃ有益でコスパが高いのでオススメです。

そんなDaiGoさんがあの「圧倒的な知識量」と「トークスキル」を身につけるために、フル活用しているのが「オーディオブック」。

実際の活用方法が紹介されている動画はこちら⇩

詳細はYouTube動画をご覧いただきたいのですが、特に紹介したいのが「倍速穴埋め式オーディオブック活用術」。←私が勝手に命名しています

DaiGoさんはあれだけ多忙なのに、毎日何冊も新しい本を読んで知識を吸収されているそうです。勉強家で本当に尊敬します。

そしてDaiGoさんが凄いのは「インプット量」だけでなく、得た知識や学びを「そのジャンルにおいて素人の視聴者」にもわかりやすく伝える「アウトプット力」も兼ね備えている点です。

そのために活用しているのが「倍速穴埋め式オーディオブック活用術」

どういう活用方法かというと、その名の通りなのですが

  1. 超倍速(具体的には4倍速とかそれ以上)でオーディオブックを聴く。
  2. 速すぎて聴き取れない部分が出てくる。
  3. 穴埋め問題みたいになるので、その穴埋め部分の正解を予測する
  4. そうすることで記憶に定着しやすくなる
  5. 記憶に定着するので、人にその知識を話す時もスラスラ説明できる

メンタリストDaiGoオススメのオーディオブック活用術。いきなりこんな芸当はできなくても、少しずつ挑戦していくことで圧倒的な「インプット量」と「アウトプット力」を得ることができます。ぜひ活用してみましょう。
ユウノオト

紙の本VS電子書籍VSオーディオブック それぞれの独自の強み3選

では、オーディオブックは「紙の本」「電子書籍」に比べてすべて優っているのかというと、そうではありません。

それぞれ独自性を有しております。そちらを以下の表にまとめてみました

  紙の本 電子書籍(Kindle) オーディオブック
独自性① スキミング(速読)できる 検索性が高い(キーワード検索できる) ”ながら”読みができる
独自性② 立ち読みできる 値段が比較的安い 興味ないジャンルも聞くことになる
独自性③ 辞書やノート的な使い方ができる 読み上げ機能も使える 繰り返すことで記憶に定着しやすい

紙の本の独自性

  • スキミング(速読)ができる。
  • 立ち読みができる。
  • 辞書やノート的な使い方ができる。

実際にリアルで「触れられる強み」に起因していると思います。電子書籍やオーディオブックは実際には触れにくい「デジタルデータ」なのに対して、紙の本は実際に手で触れられることで感じられる体験の幅が広いです。

「紙の本」ならパラパラ読みできることで、読みたい部分だけ選んで速読ができます。

「電子書籍」だと紙よりもパラパラ飛ばすというより検索して該当の箇所へジャンプする感じになりますし、「オーディオブック」だと目で見ないので、ここの部分は読み飛ばそういう判断が難しいので結果全部聞くことになる。

「紙の本」なら本屋で立ち読みできるので、本の内容が面白そうかを目で見て購入判断が出来ます。

電子書籍だと一部しか見れない場合や、全く試し読みが出来ない場合もあり「口コミ・レビュー」などで購入判断することが多いのではと思います。「オーディオブック」の場合もサンプル視聴などもある場合が多いですが途中の章は読めません。

本の内容って「本全体の真ん中あたり」が充実しているかで本当に良書かどうか判断できると思います。最初のページに書いた結論をだらだら繰り返しているだけの、「出オチ」みたいな本を失敗して買わないのは「本選びのコツ」かもしれません。
ユウノオト

電子書籍の独自性

  • 検索性が高い。
  • 値段が比較的安い。
  • 読み上げ機能も使える

電子書籍の独自性は、デジタルデータ保有の「効率的な性能」だと思います。「紙の本」や「オーディオブック」では実現不可能な操作性が大きな強みです。

電子書籍の場合、本のページに存在する「キーワード」を検索できます。

例えばビジネス書を読んでいたとして、「プレゼンスキル」の部分にフォーカスして読みたいとします。そしたら「プレゼン」とキーワード検索すればその本にある「プレゼン」と書いてあるページの一覧が出てきて、クリックすればそこにダイレクトに飛ぶ。

ビジネス書や自己啓発など、勉強する部分を絞って集中したい場合などにとても効率的です。調べ物をしたいときのグーグル検索に近いですね。

電子書籍の場合、「紙の本」や「オーディオブック」に比べて安定的に安い場合が多い。

Amazonなどで検索すると、紙の本より200~300円ほど安いですよね。これは紙の本のように「用紙代」がかからず、本屋に配送する「運送費」などもかからないから。

オーディオブックと比較しても単品購入なら電子書籍の方が安いです。ただ月額サブスクの聴き放題は、一冊あたりの購入単価が下がるのでオーディオブックの方が安く済むことも多々あります。

ですが紙の本と比較なら、電子書籍の方が高い場合は今まで見たことありません。

電子書籍には「音声読み上げ機能」がある。※ios使用の場合

音声読み上げ機能とは、電子書籍で本を読んでいる時に「人口音声」で内容を読み上げてくれるものです。

基本的にすべての電子書籍データで、音声読み上げは可能です。要は簡易なオーディオブック化ができるということ。

ただ、プロのナレーターが朗読してくれる本物のオーディオブックに比べると聴きにくいです。「カタコト」で読むし「漢字の読み方」も間違っていることが多々あるため。

ですが、世の中にはまだまだオーディオブック化されていない本がたくさん存在します。オーディオブックに慣れると、目で読むのが億劫になるので電子書籍の「音声読み上げ機能」で無理くりオーディオブック化しちゃうのは、私もよくやっています。
ユウノオト

オーディオブックの独自性

  • ながら聞きができる。
  • 完読しないといけないのでが興味外のジャンルも聴ける。
  • 繰り返し聞くことで記憶に定着しやすい。

オーディオブックの独自性は、繰り返し聞くことができる「読書ハードルの低さ」だと思います。これは記事冒頭でもお伝えした「紙の本」や「電子書籍」にはない”ながら聞き”ができる点です

オーディオブックの場合は完読しないといけない。

「紙の本」「電子書籍」「オーディオブック」の使い分け術【体験談】

上記の独自性・強みを考えた上で、私がどのように使い分けているかをお伝えします。

  • 紙の本⇨手元に置きたい本
  • 電子書籍⇨いち早く手に入れたい本
  • オーディオブック⇨繰り返して内容を覚えたい本

紙の本は「机の上」や「机の引き出し」など、仕事や勉強している時にすぐ取り出せる辞書的な使い方です。

何かわからないことが頻発する類の本のイメージです。例えば「Excelテキスト」や「WEBデザイン」、「コピーライティング」などの本を紙の本として持っています。

ただ、私はミニマリストで紙の本を増やしたくないので上限20冊にしています。20冊超えそうなら、捨てるとか電子書籍化しています。

電子書籍に関しては、最新刊話題の本をいち早く手に入れたい場合です。

欲しいときに本屋に出向かなくてよくて、配送待ちも必要ないのでありがたいです。例えばインフルエンサーさんが、SNSで紹介してくれた本とかを、今すぐ読みたい場合は電子書籍をポチ買いしています。

オーディオブックに関しては、繰り返し読みたいベストセラーなどの名著です。

ベストセラーは内容がボリューミーなので、1回で内容を腹落ちさせることは難しい。そのため繰り返しBGMのように、いつでもどこでも聞く習慣を作りやすいオーディオブックがオススメです。

オーディオブックはプロのナレーターや声優が抑揚つけて読んでくれる朗読形式なので、小説や、会話形式のビジネス本(例えば嫌われる勇気とか)などとの相性がいいと思います。
ユウノオト

オススメのオーディオブック配信サービス2選

オーディオブック.jp 【聴き放題】がオススメの配信サービス

特徴はなんといっても聴き放題サービスがあることだと思います。

競合のAmazonオーディオブックサービス「Audible」は、聴き放題サービスがないのでこの点が大きな特徴です。

またこちらの聴き放題サービスは月額750円ですのでとても割安です。ビジネス本や小説なら「紙の本」や「電子書籍」でも、1冊買うのに大体1200~1500円くらいはしますよね。

それがたった月額750円で、色んなジャンルの本が聴き放題で読書できる!

オーディオブック.jpの大きな特徴であり、他社との差別性だと思います。

【体験談あり】オーディオブック.jpの口コミ・評判を徹底解説【最新版2021】

\30日間無料体験できる/

無料体験はこちら

メンタリストdaigoの本も読める!

Amazon【Audible】ラインナップ豊富で世界最大40万タイトル

特徴は、豊富なラインナップです。

選べる選択肢が多く、あなたが読みたかった話題の本が一番おいている可能性が高いのが「Audible」

日本語のオーディオブックサービスを提供しているサイトで有名どころは以下です。

  • アマゾンオーディブル (40万冊)
  • オーディオブックjp  (2.3万冊 聴き放題は1万冊)
  • Lisbo (3500冊)
  • でじじ    (1700冊)
  • kikubon    (500冊)

やはり世界のAmazon。圧倒的ラインナップです、日本企業も頑張らねば。

Amzon以外は日本企業です。日本企業を応援したい気持ちもありますが、現状はやはりラインナップ面なら、Amazon【Audible】をおすすめします。

また今なら解約しても、返品してもお金がかかりません。解約忘れが怖い方は、とりあえず登録してその日に解約してしまっても30日間無料は適用です

アマゾンのオーディオブック【Audible]の口コミ・評判まとめてみました】part2

\30日間無料体験できる/

無料体験はこちら

まとめ 【3日坊主必見】オーディオブックのメリット【紙の本との使い分け術も紹介】

-オーディオブック活用方法

© 2021 ユウノオト Powered by AFFINGER5