Uncategorized

【便利機能紹介】3分でわかるAudibleアプリの使いこなし術|めんどくさがり向け

悩めるナヤコ
普段から「取扱説明書」読むのとかめんどい。基本的にこういうアプリ操作はよく理解しないまま使っているんです。。。

そんなめんどくさがりなあなたに、たった3分でAudibleのアプリ画面操作をお伝えしますね。

Audibleを8ヶ月使用している私が、「アプリ操作のポイント」や「便利機能」をお伝えしてあなたの、Audibleライフをさらに良いものに!

この記事では「20枚のスクショ画像」と「よくあるやりたい操作」の2つの切り口で説明いたします

そのためこの記事を読むことのメリットは下記です。

  • 画面を見て、そのまま操作できるのでもう操作に迷わない
  • 自分がやりたいこと操作だけ知ることもできる(倍速再生ってできるの?メモとか書ける?など)
世界のアマゾン運営のためシンプルで使いやすいので、さらにAudibleのファンになること間違いなしです。ぜひ楽しんで活用しましょう。
ユウノオト

 

Audibleのアプリ基本操作「ホーム画面」

audibleのアプリを立ち上げると、通常下記のような画面が出てきます。

そこでまずは左下にあるホーム画面の説明をいたします。

 

 

ホーム画面で何ができるのかというと

  • まだ読み途中のものを紹介
  • あなたの読書傾向からオススメ本を紹介
  • 課金いらずの聴き放題ポッドキャストの紹介
  • いま話題の人気本を紹介
  • 癒しの自然音の紹介

ホームをタップした後は、どんどん下にスクロールしていくのですが画面イメージは下記です。

Audibleのアプリ基本操作「ライブラリー画面」

次に、先ほどのホームボタン右横のライブラリー画面です。

自分がダウンロードしたオーディオブックが一覧になっているので普段一番使う画面でしょう。

 

ライブラリー画面でできること

  • 自分がダウンロードした本の一覧化
  • 買ったのに未再生の本や、まだ読み途中の本の一覧
  • 読みたい本をタップすることで再生される
  • 今後読みたい本をウィッシュリストに残しておく
  • ダウンロード済みの本をジャンル分けに整理することが可能

ライブラリーをタップした後は、行きたい画面を選んで操作していくのですが画面イメージは下記です。

Audibleのアプリ基本操作「コンテンツ画面」

次に、先ほどのライブラリーボタン右横のコンテンツ画面です。

基本的にはホーム画面と役割は似ていて、自分がダウンロードしたい本を探す画面だと思ってください。

違いは、ホーム画面はAmazonからオススメされている本の紹介がメイン。コンテンツ画面は、自分でジャンルごとに選ぶ検索画面ですね。

「私、ミステリー読みたい」「俺、歴史小説が読みたい」というときに、本を探すイメージでいいと思います。

 

コンテンツ画面でできること

  • ホーム画面同様でオススメの新着タイトル、人気タイトルが選べる
  • カテゴリーごとに本を探すことができる

ライブラリーをタップした後は、行きたい画面を選んで操作していくのですが画面イメージは下記です。

1番下の画面までいくと、すべてのカテゴリーを選択できます。

ここでは、コンテンツ画面に表示されている自己啓発や歴史小説などの10ジャンルからさらに細かくジャンル分けした20カテゴリーを選択できます。

 

 

 

Audibleのアプリ基本操作「プロフィール画面」

次に、先ほどのコンテンツ右横のプロフィール画面です。

アカウント管理なので普段あまり使いませんが、これまでのオーディオブックの再生時間なども記録されているのでたまに自分の成長を確認するのもいいかもです。

 

ライブラリー画面でできること

  • 自分がダウンロードした本の一覧化
  • 買ったのに未再生の本や、まだ読み途中の本の一覧
  • 読みたい本をタップすることで再生される
  • 今後読みたい本をウィッシュリストに残しておく
  • ダウンロード済みの本をジャンル分けに整理することが可能

ライブラリーをタップした後は、行きたい画面を選んで操作していくのですが画面イメージは下記です。

-Uncategorized

© 2021 ユウノオト Powered by AFFINGER5